蚕神社【道標】(UK068)   
(かいこじんじゃ)



神聖な空気と謎を感じられる神社にある、「いしぶみ」。 全国的に珍しい三柱鳥居(みはしらとりい)は、必見です。   
     

住所:右京区太秦森ヶ東町(木島神社前)
交通:東西線「太秦天神川」駅下車後、徒歩7分

市内最古の神社の一つといわれている、木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)にある「いしぶみ」です。
神社の鳥居横にあります。

養蚕、機織、染色技術を持ち込んだ渡来系の秦氏とのつながりが深く、 養蚕神社がある事から、地元では「蚕の社」(かいこのやしろ)と呼ばれています。

神社には、全国的にも珍しい三柱鳥居(みはしらとりい)があります。

三柱鳥居とは、鳥居を3基組み合わせた、三本柱の鳥居の事です。
三柱鳥居の中心には石が積まれ、あたりは神聖な空気と謎に包まれているようです。

「いしぶみ」をご覧になったら、折角ですので、境内にまでぜひ足を運んでみて下さい。


太秦天神川駅から向かう場合は、参道の鳥居が目印です。


蚕神社  


珍しい三本柱の鳥居と、蚕神社参道の鳥居