古代の謎解きへ誘う「いしぶみ」たち。当時の様子を窺い知ることは今はかないません。
人が行き交う街中に、公園に、神社にひっそりとたたずみ、在りし日の面影をしのぶ「いしぶみ」の数々。
密やかに歴史を語る「いしぶみ」の中から、今回は、是非、一度は足を運んで欲しい「いしぶみ」をピックアップしました。


中臣群集墳跡 (YA015)
なかとみぐんしゅうふんあと
折上稲荷神社の境内にある「いしぶみ」。
折り紙つき間違いなし?!な「働く女性の守り神」のご利益と、古代のロマンを感じるパワースポットです。
住所:山科区西野山中臣町(折上稲荷神社境内)


※画像クリックで詳細ページへ
寺戸大塚古墳 (GA011)
てらどおおつかこふん
かぐや姫の世界に誘う「竹の径」。
風に揺れる笹音や鳥のさえずりに癒されながら、古代ロマンを示す「いしぶみ」を探す…。
散策好きの方、癒されたい方にお勧めの「いしぶみ」です。
住所:京都府向日市寺戸町芝山


※画像クリックで詳細ページへ
山崎院跡 (GA007)
やまざきのいんあと
激戦の地「天王山」の麓に、ひっそりたたずむ「いしぶみ」。
かの名僧、行基ゆかりの四九院の一つ、京都の古寺跡で歴史を感じませんか?
住所:京都府乙訓郡大山崎町大山崎上ノ田


※画像クリックで詳細ページへ
たたら遺跡 (YA008)
たたらいせき
森の静寂さに、古代の熱いロマンが呼び起される。
京都にも存在していた「たたら製鉄」の跡を示す「いしぶみ」は、やはり外せません。  
住所:山科区御陵大岩(本圀寺東側)


※画像クリックで詳細ページへ
平安宮造酒司倉庫跡 (NA146、NA147)
へいあんきゅうみきのつかさそうこあと
「鳴くよウグイス平安京」の面影を、ほんの少し感じられるかも?
かつての「造酒司(みきのつかさ)」の倉庫跡に立ち、平安の都を偲ぶ「いしぶみ」です。
住所:中京区丸太町通七本松西入北側(京都アスニー内)


※画像クリックで詳細ページへ
長岡宮大極殿遺址 (GA012)
ながおかきゅうだいごくでんいし
近年まで「幻の都」とされていた長岡京。
歴史の中に埋もれていた都の跡を示す「いしぶみ」が、謎とミステリーを掻き立てます。
住所:京都府向日市鶏冠井町大極殿(大極殿公園内)


※画像クリックで詳細ページへ
宮道朝臣列子墓 (YA005)
みやじのあそんれっしのはか
源氏物語の光源氏と明石の君による身分違いの恋。
そのモデルともいわれる、藤原高藤と宮道列子との恋のロマンスにあやかる「いしぶみ」です。
住所:山科区勧修寺西栗栖野町


※画像クリックで詳細ページへ
植物園北遺跡 (KI044)
しょくぶつえんきたいせき
昔から栄えていた?
おしゃれスポット北山エリアにある「いしぶみ」で当時の集落を思い描きませんか?
住所:北区上賀茂松本町


※画像クリックで詳細ページへ
平安京朱雀大路跡 (SI057)
へいあんきょうすざくおおじあと
平安時代のメインストリート「朱雀大路」。
栄枯盛衰を実感させる「いしぶみ」は、今日もひっそりと人々の往来を見守っています。
住所:下京区中堂寺坊城町


※画像クリックで詳細ページへ
瑞典皇太子・暹羅王族天塚古墳御台覧記念碑 (UK138)
すうぇーでんこうたいし・しゃむおうぞくあまづかこふんごたいらんきねんひ
住宅街の奥にひっそり潜む、古墳スポット。
苔むした「いしぶみ」がより一層、神秘性を呼び起こします。
住所:右京区太秦松本町(白清稲荷大明神内)


※画像クリックで詳細ページへ